スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | | - | - |
    | - | - |

    RSウイルスの症状
    0
      RSウイルスの症状は通常、鼻水、咳、発熱などかぜの症状と似ています。

      ほとんどが1〜2週間で治ります。



      しかし、生後1年以内、特に生後6ヶ月以内の乳児や未熟児、
      循環器系の疾患を持つ幼児は重症になりやすいのです。

      また、呼吸機能の弱い老人や慢性肺疾患患者、免疫不全患者についても
      危険なウイルスです。



      生後2歳までにほとんど100%乳幼児がかかります。

      健康な乳幼児は、初めてかかった場合、鼻水⇒38〜39度の発熱と咳が続きます。


      その中の 25〜40%の乳幼児が細気管支炎や気管支炎、肺炎にかかるので注意が必要です。



      一度かかっても免疫が十分にできないので何度もかかりますが

      くり返し感染しながら徐々に免疫ができ、症状は軽くなります。



      | 06:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
      | - | - |

      スポンサーサイト
      0
        | 06:03 | - | - |
        | - | - |

        Comment









        Trackback



        PR
        qrcode

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Profile
        New Entries
        Recent Comments
        Archives
        Category
        Link